グリーン水素の
普及に向けた共同
メッセージ

世界各地では大規模な洪水や干ばつなど、今年も異常気象による甚大な被害が多く発生している。もはや気候変動は私たちの命にも関わる深刻な状況にあり、一刻の猶予も許されない。同時に、世界のエネルギー供給は大きな混乱の中にある。

脱炭素化とエネルギー安定確保に向けては、世界の様々な主体が知見や課題を共有し、連携して立ち向かう必要がある。私たちは今まさに、未来を決める分岐点にいる。「TIME TO ACT」、今こそ、行動を加速させる時である。

水素は長期間の貯蔵に優れ、多様な分野での活用が可能なことから、世界規模でのエネルギーの安定確保に大きな役割を果たす。特に、再生可能エネルギーから製造されるグリーン水素は、利用時だけでなく製造時にもCO2を出さない環境負荷の低いエネルギーである。

運輸、業務・産業、家庭などあらゆる場面で水素エネルギーを活用することは、よりクリーンで持続可能な社会を実現するものと確信する。私たちは、より明るい未来を切り開き、豊かな地球を次世代へと引き継ぐため、グリーン水素の普及に向け、実効性のある取組で世界をリードしていくことを、賛同いただいた皆様とともにここに表明する。

東京都知事 小池百合子
サラワク州首相 アバン・ジョハリ
ニュー・サウス・ウェールズ州首相 ドミニク・ペロテー
Hydrogen Council共同議長、川崎重工業㈱取締役会長 金花 芳則

  • Twitter
  • Twitter