TIME TO ACTは、脱炭素化に向けた実効性ある行動の加速を目指す、気候危機行動ムーブメントです。
気候危機の脅威を強く認識し、今こそ、行動すること、「TIME TO ACT」を合言葉に、東京都は世界の都市、企業、NGO等と連携しながら、世界の脱炭素化に貢献してまいります。

CLIMATE ACTION FORUM
アーカイブ動画

  • ハイレベルセッション

    ハイレベルセッション

    2030年カーボンハーフに向けた取組の加速

  • ワークショップ1 水素

    ワークショップ1 水素

    水素関連技術の本格活用に向けた水素モビリティの社会実装推進について

  • ワークショップ2 建築物

    ワークショップ2 建築物

    持続可能な建築物とファイナンスとの連携に向けて

取組紹介

  • 海外主要都市等に向けた英語メール “WHAT’S UP”にて本ページ(新築住宅等への太陽光発電設備設置の義務化に向けた取組)をご紹介いただきました。

    2022.08.08

    海外主要都市等に向けた英語メール “WHAT’S UP”にて本ページ(新築住宅等への太陽光発電設備設置の義務化に向けた取組)をご紹介いただきました。

    海外主要都市や在京大使館などに定期的に配信している英語メール”WHAT’S UP”にて、ページ(新築住宅等への太陽光発電設備設置の義務化に向けた取組)をご紹介いただきました。 &nbs […]

  • 国際会議にて東京都の食ロス対策(食品のロングライフ化技術を活用した実証事業等)を紹介いたしました!

    2022.07.19

    国際会議にて東京都の食ロス対策(食品のロングライフ化技術を活用した実証事業等)を紹介いたしました!

    ミラノ協定事務局(MUFPP)主催のウェビナーに東京都の職員が参加し、飲食店で余った食材をリメイクし、急速冷凍技術を用いて自販機で販売し食ロスを削減する取組等、食品のロングライフ化技術を活用した東京都の実証事業を紹介しま […]

  • 新築住宅等への太陽光発電設備設置の義務化に向けて

    2022.06.03

    新築住宅等への太陽光発電設備設置の義務化に向けて

    東京都では、2030年までに温室効果ガス排出量を50%削減する「カーボンハーフ」に向けて、あらゆる取組を加速しています。 都内住宅については、東京の地域特性を踏まえながら、「東京ゼロエミ住宅」の基準を定め、断熱・省エネ・ […]

  • Twitter
  • Twitter