TIME TO ACTは、脱炭素化に向けた実効性ある行動の加速を目指す、気候危機行動ムーブメントです。
気候危機の脅威を強く認識し、今こそ、行動すること、「TIME TO ACT」を合言葉に、東京都は世界の都市、企業、NGO等と連携しながら、世界の脱炭素化に貢献してまいります。

CLIMATE ACTION FORUM
アーカイブ動画

  • ハイレベルセッション

    ハイレベルセッション

    2030年カーボンハーフに向けた取組の加速

  • ワークショップ1 水素

    ワークショップ1 水素

    水素関連技術の本格活用に向けた水素モビリティの社会実装推進について

  • ワークショップ2 建築物

    ワークショップ2 建築物

    持続可能な建築物とファイナンスとの連携に向けて

取組紹介

  • 新築住宅等への太陽光発電設備設置の義務化に向けて

    2022.06.03

    新築住宅等への太陽光発電設備設置の義務化に向けて

    東京都では、2030年までに温室効果ガス排出量を50%削減する「カーボンハーフ」に向けて、あらゆる取組を加速しています。 都内住宅については、東京の地域特性を踏まえながら、「東京ゼロエミ住宅」の基準を定め、断熱・省エネ・ […]

  • 英国貴族院「環境・気候変動委員会」に都知事が出演しました

    2022.02.04

    英国貴族院「環境・気候変動委員会」に都知事が出演しました

    2022年2月4日、英国貴族院による「環境・気候変動委員会」が開催され、行動変容にかかる審議に都知事がオンラインで参加しました。同委員会で、都知事は冒頭挨拶を行い、環境相時代の経験も踏まえながら気候変動に対するこれまでの […]

  • 東京都がCDP「都市Aリスト」に選出されました

    2021.12.03

    東京都がCDP「都市Aリスト」に選出されました

    東京都は2021年11月、国際的な環境非営利団体であるCDP(※)より、気候変動の取組とその開示について優れた「Aリスト(最高評価)都市」として選出されました。日本の自治体では、東京都のほか、横浜市、京都市がAリスト都市 […]

  • Twitter
  • Twitter